Network Users' Group ``wheel'' / Dai ISHIJIMA's Page /
PostScript関連ツール

最終更新日: 2004-08-03


PostScript関連ツール


仕事のプレゼン資料作成時や、 某同人誌編集時に作った、 こまごまとしたツール群です。

psopt
PostScriptプリンタ印刷時にさまざまなオプションを設定するツールです。 Windowsなどのプリンタドライバでは、プロパティ画面から 用紙トレイや両面印刷、あるいは印刷品質など さまざまなオプションを設定することができますが、 このツールはそれと同じようなことをUNIXのコマンドラインから 行うためのスクリプトです。 なお、オプションとプリンタの組み合わせによっては 意図したように印刷できなかったり、エラーになる場合があります。
(このツールは下記の duplex-lpr, ncopies などを統合したものです)
2004-08-03追加
sethalftoneによるスクリーン線数指定を追加しました。 (デフォルトHalftoneTypeが1でないPSプリンタ (setscreenオペレータだけで線数指定が効かない最近のプリンタ) でお試しください)

duplex-lpr
両面印刷機能つきPostScriptプリンタで、 両面印刷(長辺綴じ、短辺綴じ)、片面印刷を選択します。 某同人誌編集長宅にあった、 Brother HL-1670Nで使いました。 このプリンタのデフォルト設定を両面印刷にしていたので、 片面印刷をしたいときのために作ったというか。

ncopies
全く同じ内容を複数枚印刷するためのフィルタです。 lpr(1)などを何度も走らせるよりずっと速く印刷が完了するので、 配布資料などを作るときに便利です。

tray-lpr
手差しトレイ付きプリンタで手差しトレイを選択します。 シール台紙やOHPシートなど、 普段使う用紙トレイに入っているものとは違う用紙を 選択するときに使うと便利です。

fix-ps-bbox.pl
netpbmに含まれるpnmtops(1)が吐いたPostScriptファイルの バウンディングボックスを修正します。

fix-ps-dpi.pl
netpbmに含まれるpnmtops(1)が吐いたPostScriptファイルの 解像度を修正します。

ps-shift.pl
pnmtopsなどが出力したPostScriptイメージの出力位置を変更します。

xv-ps-tombow.pl
xvで出力したPostScriptファイルにトンボを入れます。

halftone.pl
PostScriptファイルのハーフトーン周波数 (スクリーン線数) を変えます。

ps-euc-patch.pl
tgif-2.16j-p12が吐いたPostScriptファイルを、 最近のPostScriptプリンタ (LaserWind1040PS, PostScriptバージョン 2014.107以降) で処理できるようにします。
注: Perl5非対応

ps-euc-jis-patch.pl
tgif-2.16j-p12が吐いたPostScriptファイルを、 最近のPostScriptプリンタ (LaserWind1040PS, PostScriptバージョン 2014.107以降) で処理できるようにします。 同時に、モリサワフォントではなく平成フォントを使って 日本語文字列を出力するようにします。
注: Perl5非対応

unmor
jdvi2kps (jdvi2kps-4.0) が出力したPostScriptファイルで、 モリサワの日本語フォントの代わりに 平成フォントを使うようにします。

unmor-dvi2ps
dvi2ps (dvi2ps-2.0j) が出力したPostScriptファイルで、 モリサワの日本語フォントの代わりに 平成フォントを使うようにします。