Network Users' Group ``wheel'' / Dai ISHIJIMA's Page / ソフトウェアのページ
ハードディスク消去ツール / ubuntu
はじめに | 開発の経緯 | ダウンロード | おことわり

初版: 2010-02-14
最終更新日: 2017-12-06



LinuxベースのLive CD-ROMからカンタン操作できれいにデータを削除できる

ハードディスク消去ツール「wipe-out」
超消「わいぷたん」(ちょうけし・わいぷたん)

ubuntu開発版(2010-02-16)

「消去」を「DuckDuckGo」で検索!     「消去」を「Google」で検索


●はじめに

本ページでは、「ハードディスク消去ツール『wipe-out』」の ubuntu版(開発版)を紹介する予定です。


●Ubuntu版開発の経緯

ハードディスク消去ツール「wipe-out」は、 これまでオペレーティングシステム(OS)にFreeBSDを使用し、 「たった一枚のフロッピー」あるいは「たった一枚のCD-ROM」で 「軽快に動作」することを目標に開発を続けてきました。 その一方で、まれにOSが動かない、デバイスを認識できないなどの理由で、 データ消去を行えない(「wipe-out」が使えない)という ご報告をいただくこともありました。

その一方、昨今(このページを書いている2010年初め)では、 手軽に使えるUN*X系Live CDが増えてきました。 これを使えば、上述のようなOSにまつわる問題が解消できるのではないか と考えました。 「wipe-out」そのものは、その大部分をシェルスクリプトで記述しているため、 *BSDやLinuxなどの「シェルが使える」UN*X系OSであれば、 移植性はよいと考えています。 「wipe-out」の核となる部分をOSから分離して配布すれば、 ひょっとしたらうれしい方もいらっしゃるかもしれません。

OSとしてFreeBSDでない*BSDを使う、という選択肢もありますが、 デバイスサポートなどが似通ってない方が「多様性」を確保できると考え、 Ubuntu・SLAX・Puppy Linuxでの開発を選択しました。


●オリジナル(BSD版)との相違


●ダウンロード


●使いかた

以下に使いかたの例を示します。


●おことわり


●謝辞



お問い合わせ・連絡先などはこちらをご覧ください
超消「わいぷたん」(ちょうけし・わいぷたん)or 「わいぷフレンズ」
ハードディスク消去ツール「wipe-out」― Copyright (C) 2001-2010 by Dai ISHIJIMA